スポーツ

伊佐氏、サンロッカーズ渋谷HCに 前キングス指揮官 低迷脱却目指す

伊佐 勉氏

 プロバスケットボールBリーグ1部のサンロッカーズ渋谷(東地区)は27日、HCの勝久ジェフリー氏との契約を解除し、アシスタントコーチ(AC)の伊佐勉氏(興南高―専修大出)のヘッドコーチ就任を発表した。

 伊佐氏は2007年から琉球ゴールデンキングスのACを務め、13―14シーズンからHCに就任。bj時代には2度、キングスを日本一に導いた。17―18シーズンから渋谷に移籍していた。

 伊佐氏は渋谷のホームページで「シーズンスローガンである『Together』を軸に、クラブとして同じ方向にまい進し、努力し続けたい」とコメントを発表した。

 渋谷は現在、今季1勝8敗と低迷している。24日の試合で前HCの勝久ジェフリー氏はベンチ入りしていなかった。

 大江田孝幸GMは、チームの発展を目指すための「難しい選択」とコメントしている。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス