スポーツ

琉球、意地の一発で同点試合 次節ホーム戦で昇格目指す

琉球―長野戦 前半、左サイドから鋭いシュートを放つ琉球の富所 悠=28日、長野県長野市の長野Uスタジアム(喜屋武研伍撮影)

 サッカーの明治安田J3第29節、首位を独走するFC琉球は28日、長野県長野市の長野UスタジアムでAC長野パルセイロと対戦し、1―1で引き分けた。琉球は18勝6分け4敗で勝ち点を60に伸ばし首位をしっかり堅持したが、この日のJ2昇格決定にはならなかった。

 試合は琉球、長野とも互いに決定機があったが、ゴールポストに当たる場面や、GKの正面をつくなどし、ゴールネットを揺らすことはできなかった。後半ロスタイムに長野に1点を先制された琉球だったが、その直後、枝元雄一郎が相手ゴール前中央付近を突破し、上がっていた朴利基へラストパスを送り、朴が押し込んだ。琉球は同点で試合を終え、貴重な勝ち点1をつかみ取った。

 琉球の次節は11月3日、沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムでザスパクサツ群馬と対戦する。勝利すれば、優勝とJ2昇格が決まる。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス