経済

ゆるキャラが沖縄魅力発信 六青會、観光客へパンフ

 沖縄県内6市町の観光団体青年部でつくる六青會(山本ゆかり代表幹事)は30日、那覇てんぶす前広場で観光プロモーションイベントを開いた。各地のゆるキャラらが国際通りを行き交う国内外の観光客にパンフレットなどを配布し、地元の魅力を発信した。観光客も写真撮影や握手をして楽しんだ。

 六青會は石垣市観光交流協会、沖縄市観光物産振興協会、久米島町観光協会、竹富町観光協会、名護市観光協会、宮古島観光協会の各青年部で構成する。各地の自然や文化、特産品を紹介する冊子などを配布した。

 国際通りを歩く観光客がすぐに各地を訪れるのは難しいが、宮古島観光協会青年部長を務める山本代表幹事は「長い目を持って沖縄を好きになってほしい。来年、次回にでも来てほしい」と語った。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス