政治

菅氏、玉城知事の面談要望に「日程が合えば会いたい」 土砂搬入時期「何も決まっていない」 

菅義偉官房長官(資料写真)

 【東京】菅義偉官房長官は1日午前の会見で、米軍普天間飛行場の移設に伴う沖縄県名護市辺野古への新基地建設計画を巡り、防衛省沖縄防衛局が同日海上作業を始めたことについて「昨日、国土交通大臣から(県の埋め立て承認撤回の効力を止める)執行停止を通知する文書が防衛局に届いたことを受けて、海上作業を再開した」と述べた。

 土砂の投入時期は「今後の作業の進ちょくや気象状況を押さえる必要があり、現時点では何も決まっていない」と述べた。

 政府との対話を求めて玉城デニー知事が安倍晋三首相や菅長官との面会を求めていることについては「双方の日程が合えばお会いしたい。丁寧に説明したい」と述べ、面談に前向きな考えを示した。菅長官が対応する考えを示した。【琉球新報電子版】


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス