政治

玉城知事「極めて残念」 名護市辺野古埋め立てに向けた海上作業再開で 引き続き対話での解決、政府に求める意向

名護市辺野古の新基地建設の海上作業再開について「残念だ」と述べる玉城デニー沖縄県知事

 米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で埋め立てに向けた海上作業が再開されたことについて、玉城デニー沖縄県知事は1日正午ごろ、県庁に登庁した際、記者団の取材に答え、「安倍(晋三)総理大臣との対話を求めているところだが、それにもかかわらず工事が再開されたことは極めて残念だ」と述べた。

 その上で「今後、三役で対応については決めていくが、引き続き政府に対して対話によって解決策を導く民主主義の姿勢を粘り強く求めて参りたい」と述べた。

 さらに玉城知事は「本日、沖縄防衛局から県に対し辺野古新基地建設にかかる工事を再開し、フロート設置作業を行うとの連絡があった旨の報告を受けた」と1日、国側から作業再開について連絡があったことを明らかにした。【琉球新報電子版】


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス