政治

中山石垣市長「市議会を尊重」 県民投票 予算否決なら実施困難

記者団の取材に応じる中山義隆石垣市長=5日、県庁

 辺野古新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票を巡り、沖縄県石垣市の中山義隆市長は5日、実施に必要な補正予算案が石垣市議会で否決された場合の対応について「予算がないものは執行できないので厳しいと思う」と述べ、石垣市での県民投票実施は困難という考えを示した。市町村が投開票作業など事務を行うためには、県が各市町村に配分する関連経費を盛り込んだ補正予算案を市町村議会で可決する必要がある。仮に否決されても首長は専決処分ができるが、中山市長は議会判断を優先させる考えを示した形だ。

 先島の振興に関する要請のため県庁を訪れた際に記者団の質問に答えた。

 記者団から自衛隊配備を巡る住民投票と同様に県民投票条例に反対するか聞かれ「自衛隊に関しての住民投票に反対はしていない。私から発議することはないが住民の皆さんが作業されていることに関して尊重したい。今回も県民投票も考え方は同じだ」と述べた。

 一方で「県民投票の選択肢について疑問が残る。石垣市の場合は議会の議決があるので、議会の皆さんの判断が尊重される」と述べた。市議会は先月、県民投票条例に反対する意見書を賛成多数で可決している。