経済

リッツ沖縄の総料理長にイタリア出身のクツィット氏 地元食材心込め

アルベルト・クツィット氏

 10月1日付でザ・リッツ・カールトン沖縄(名護市)の総料理長に就任したアルベルト・クツィット氏が10月31日、那覇市泉崎の琉球新報社を訪れて「県外と異なる独特の食材を取り入れたメニューで、旅の心に残る食事体験を提供したい」と抱負を語った。

 イタリア出身のアルベルト総料理長は同国やアラブ首長国連邦の五つ星ホテルで研さんを積み、2016年からスイスホテル南海大阪(大阪市)で副総料理長を務めた。「地元の食材を使い、新たな視点で料理を提案したい」と話した。