経済

シーサーボール、ガッパイを胸元に 「わたるがぴゅん」が初めてTシャツになった! 沖縄県内で限定発売

TシャツをPRするアイアムの玉城幸敬ディレクター(右)ら=7日、那覇市の琉球新報社

 Tシャツ製造やWEB事業のアイアム(那覇市、仲嶺朋広社長)は1日から、なかいま強さん作の人気漫画「わたるがぴゅん」のコラボTシャツを、国際通り店やイオンモールライカム店など沖縄県内4店舗で発売している。わたるがぴゅんのグッズが出るのは初めて。

 第1弾として、メインキャラクターの「与那覇わたる」と「宮城正」が描かれた2種類のデザインを発売した。色は白と黒の2色がある。

 与那覇わたるの必殺技シーサーボールを投げるシーンと、宮城正が沖縄の方言を交えて自己紹介するイラストをデザインした。

 同社の玉城幸敬ディレクターは「全国の『わたるがぴゅん』のファンに届けたい」と話した。各色限定100枚だが、追加販売も検討中という。価格は税抜きで3千円。わたるがぴゅんは月刊少年ジャンプで1984年から20年間、連載された。