社会

那覇市石嶺町で不発弾処理 半径88メートルが避難対象 石嶺駅自由通路の建設工事現場内

 那覇市石嶺町1丁目132番地の市道鳥堀石嶺線、沖縄都市モノレール石嶺駅自由通路建設工事現場内で10月16日に発見された米国製5インチ艦砲弾1発の安全化処理作業が、10日午前10時から発見現場で行われる。

 避難対象区域は半径88メートル。避難対象は約105世帯、約16事業所で約300人、避難場所は石嶺公民館。避難時間は午前9時10分から。市道鳥堀石嶺線の一部が午前9時50分から通行止めになる。作業完了は午前11時の予定。【琉球新報電子版】