政治

元衆院議員の仲村正治氏が死去 沖縄開発政務次官などの要職を歴任

仲村正治氏

 元衆院議員で沖縄開発政務次官などの要職を歴任した仲村正治(なかむら・せいじ)氏が15日午前2時55分、敗血症のため那覇市の病院で死去した。87歳。告別式は17日午後2時から那覇市松山1の9の1の大典寺で。喪主は長男家治(いえはる)氏。

 仲村氏は1931年(昭和6年)生まれ、那覇市出身。1983年に自民党から衆院初当選、7期務めた。新生党結党にも参画。内閣府副大臣や防衛政務次官ほか衆院運輸委員長、衆院沖縄北方特別委員長などを歴任し、2009年に政界を引退した。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス