地域

メークと「癒やし」提供 うるま・イベント「好きやねん!」1周年

癒しをテーマにしたイベント「好きやねん!」1周年を記念して浴衣で来場者を迎える主催者の伊藤菜緒美さん(前列右から2人目)と出店者=10月16日、うるま市生涯学習・文化振興センター「ゆらてく」

 【うるま】熱い人、一生懸命な人、義理人情がある人が好きやねん―。大阪出身で約2年半前、沖縄に移住したメーキャップアーティストの伊藤菜緒美さん(54)が主催するイベント「好きやねん!」が1周年を迎えた。「癒し」をテーマに月1回、うるま市生涯学習・文化振興センター「ゆらてく」で、各種資格を持つカウンセラーやセラピストらが出店するイベントを開催している。伊藤さんは65歳以上の人たちに無料でメークをし、喜ばれている。

 伊藤さんは、大阪でメイクやエステなどの仕事の傍ら、14年間にわたって老人ホームなどでボランティアメークをしてきた。シングルマザーで3人の子育てや日々の生活に追われ、心が折れそうになった時にお年寄りの笑顔が支えになったという。

 沖縄の人との再婚を機に拠点を沖縄に移した。経験を生かしたいと沖縄市社会福祉協議会にボランティア登録した。大阪弁のトークでメークに関する講座を開くと募集定員を上回る100人以上が集まった。

 講座後、社会貢献をしたいという人が多数名乗り出たことから、県内では珍しいメークボランティアチーム「Smile」を結成。「好きやねん!」を運営し、活動を広げている。

 人材育成にも力を入れている伊藤さんは「一生懸命な人材を応援し、中部を盛り上げていきたい」と語る。

 次回の「好きやねん!」は、20日と12月11日。うるま市生涯学習・文化振興センター「ゆらてく」で午前10時から午後4時まで。出店者も随時募集している。問い合わせは(電話)090(6069)1263(伊藤さん)。
 (中川廣江通信員)