経済

マグロレシピ 学生5チーム挑戦 25日、泊いゆまち

 マグロを使った料理を競う第7回学生対抗まぐろレシピ選手権(沖縄鮮魚卸流通協同組合主催)が25日、那覇市港町の泊いゆまちで開催される。沖縄水産高、北部農林高、中部農林高など5チームが参加し、マグロ料理のナンバー1を決める。

 20日に県庁で会見した沖縄鮮魚卸流通協同組合の国吉斉理事長=写真=は「沖縄のマグロは評価が高く、出場チームの料理もレベルアップしている。生鮮マグロを味わって」と来場を呼び掛けた。各校250食限定で午前11時から販売し、グランプリを決める。午後1時にはマグロの解体ショーと試食会を実施する。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス