教育

校外カフェに行列 やえせ高等支援学校 接客、菓子製造など学習

 【八重瀬】八重瀬町友寄の県立やえせ高等支援学校産業科の2、3年生約10人が16日、八重瀬町役場で「CAFE YAESE DREAM」をオープンした。アイスコーヒーやカフェラテなどのほか、生徒たちが学校で焼いたマフィンやクッキーも販売し、多くの人でにぎわった。


コーヒーや手作りマフィンなど心を込めて販売した県立やえせ高等支援学校産業科の生徒ら=16日、八重瀬町役場

 やえせ高等支援学校産業科では、接客や食品加工などについて学んでいる。2017年から校内を中心にカフェを開いている。なじみの顔ぶれが多い校内だけでなく、初対面の客との接し方も実践しようと、11月は3回の校外カフェを予定している。

 八重瀬町役場では2回目のカフェとなった。素朴な優しい味わいのマフィンは、紅茶やチョコ味など計90個を販売。1個100円という価格に行列ができ、あっという間に完売した。

 喜納良太さん(17)=3年=は「校内は慣れているが、校外はセッティングも時間がかかり緊張する。みんなで話し合って役割分担も明確にしたので、今日はうまくいくと思う」と話し、丁寧に接客していた。当銘成美教諭は「初対面のお客と想定外の事態が起こった時、どう対処するか自分たちで考える学びの場にし、良い経験を積んでほしい」とカフェの意義を語った。

 30日午前11時30分からは、JAファーマーズマーケット南風原「くがに市場」でカフェを開く予定。