政治

沖縄・豊見城、40代夫婦死亡 2人の間にトラブルか

男女2人が心肺停止で発見された団地前で規制線を張る警察官=28日午後9時50分ごろ、豊見城市

 28日午後8時1分、沖縄県豊見城市翁長の高層住宅で女性が腹を刺されたとの通報が女性本人から豊見城市消防本部にあった。消防や豊見城署の職員が駆け付けたところ、高層住宅に住む妻(44)が腹部から出血した状態で、別居中の夫(44)が心肺停止の状態で倒れているのを発見した。2人は心肺停止の状態で本島南部の病院に搬送されたが午後9時すぎに死亡が確認された。同署が殺人など事件や事故の両面で、夫婦間のトラブルがなかったかどうかを含め調べている。

 同署や消防によると、妻は10階にある自宅の玄関でうつぶせに、夫は真下の1階であおむけに倒れていた。夫は全身を強く打っており、何らかの原因で落下したものとみられる。妻は子ども2人と住んでおり、当時子どもは外出中だった。室内からは凶器の刃物とみられる物が発見された。

 現場では、エレベーターに血痕が付着していた。近所に住む女性は「1年前くらい前までは夫も一緒に住んでいた。けんかする声がよく聞こえた。まさかこういうことが起こるとは思わなかった」と沈痛な表情をみせた。