経済

セブン、沖縄出店を2019年7月に前倒し 那覇から順次展開

 コンビニエンスストアのセブン―イレブン・沖縄(那覇市)は県内への初出店を従来予定の2019年秋から、同年7月に前倒しすると発表した。

 那覇市内を中心としたエリアから順次、出店する。同社は年内をめどにうるま市にデザート専用工場を建設する予定で、浦添市に建設している専用工場を含め、オリジナル商品の生産体制が整う。【琉球新報電子版】


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス