経済

恩納の森にホテル 「ウムイ」 5月開業、富裕層向け

恩納村山田に開業予定のウムイ・フォレストヴィラ・オキナワ・ヤマダグスクの完成イメージ図(セドナコーポレーション提供)

 ホテル運営事業のセドナコーポレーション(浦添市、安里明代表)が恩納村山田に富裕層向けのホテル「U-MUI(ウムイ)フォレストヴィラ・オキナワ・ヤマダグスク」を開業する。北部の森に囲まれたプライベートな空間を演出する方針で、沖縄の海を押し出した従来のホテルと異なる施設を目指す。2019年5月1日のオープン予定で、19年1月11日から先行予約を受け付ける。

 ウムイ―は敷地面積9664平方メートルで、客室やレストランなどを含めた延べ床面積は1721・78平方メートル。全18室がヴィラタイプで、ベッドルームやリビング、キッチン、露天風呂などを備える。「お客さま自身のリズムで過ごせるホテル」をコンセプトに掲げ、宿泊者の滞在中、時間に関係なくレストランを利用できるという。

 50~60代の富裕層を主なターゲットに想定している。沖縄に何度も足を運んでいるリピーターでも満足できる空間をつくり出す予定で、長期滞在をする欧米の富裕層を取り込むことも視野に入れる。

 セドナ社の安里社長は「沖縄の森を満喫できるホテルにしたいと考えている。静かで特別感のある空間にして、チェックインからチェックアウトまで外に出たくないと思ってもらえるような居心地の良さを生み出したい」と話した。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス