社会

土砂の積み替え作業始まる 辺野古新基地建設

土砂運搬船から台船に載せ替えられる土砂=12日午前10時12分ごろ、名護市の大浦湾(小型無人機で撮影)

 【辺野古問題取材班】名護市辺野古の新基地建設で、12日午前9時50分ごろ、埋め立て用土砂を運搬船から台船に移す作業が米軍キャンプ・シュワブ沖で確認された。

 14日にも埋め立て予定海域へ土砂を投入することを、政府は表明している。

 12日午前9時、シュワブ内に新基地建設用とみられる資材の搬入も確認された。市民らが海上と陸上で抗議している。【琉球新報電子版】









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内