社会

銃所持米兵脱走で沖縄市議会が抗議決議 通報体制の順守や原因究明など求める 全会一致、意見書も

嘉手納基地所属の米空軍兵の基地外における拳銃所持事件に関する抗議決議を全会一致で可決した沖縄市議会=21日午前10時すぎ、沖縄市議会

 【沖縄】米軍嘉手納基地所属の空軍兵が拳銃を所持したまま基地の外に脱走し、行方不明になっていた事件について、沖縄市議会(小浜守勝議長)は市議会定例会最終日の21日午前、通報体制の順守や原因究明などを求めた抗議決議と意見書を全会一致で可決した。文書は、日米関係機関に郵送される。

 文書では、事案発生時に周辺の関係自治体へ連絡が一切なかったことから「基地周辺住民が自らの知らぬところで身の危険にさらされていた今回の事件は断じて看過できるものではない」と米軍の武器管理体制や通報体制を強く批判した。原因の徹底究明や再発防止策、通報体制の厳格な順守など4項目を要望した。【琉球新報電子版】