経済

那覇空港に小型免税店「エアビックカメラ」2019年3月オープン

那覇空港際内連結ターミナルに新規オープンするエアビックカメラ那覇空港店(仮称)のイメージ

 日本空港ビルデングとビックカメラが共同出資する「Air BIC」は26日、小型の免税対応店「Air Bic Camera 那覇空港店(仮称)」を建設が進む那覇空港際内連結ターミナルに開設すると発表した。オープンは2019年3月18日。エアビックカメラとしては国内6店舗目で、県内初出店となる。生活・美容・健康家電やデジタルカメラ、腕時計など国内外の観光客に人気の商品に絞って取り扱う。

 エアビックカメラは2016年4月、羽田空港に1号店をオープンした。一般的なビックカメラよりは小規模で、取扱商品は厳選されている。一方、価格帯やポイントカードは同じ。那覇空港の店舗は売り場面積87平方メートル、営業時間は午前6時半~午後8時半を予定している。

 日本空港ビルデングは羽田空港を運営する会社で、Air BICに51%出資している。那覇空港の際内連結ターミナルは来年3月18日に全面的に供用開始する。物販21店、飲食14店が出店する。