スポーツ

スコットが右膝を手術 キングスの大黒柱 Bリーグ

ジョシュ・スコット

 琉球ゴールデンキングスは30日、大黒柱としてチームを支えているジョシュ・スコットが右膝蓋腱断裂の診断を受け、29日に手術をしたと発表した。復帰時期は未定。スコットは26日の大阪エヴェッサ戦で、攻撃していた際に右膝から転がるように転倒し、開始3分でそのまま負傷退場していた。この試合は44―85で大敗した。

 球団は「本人の意向も決まり手術した」とし、「戦戦離脱中のアイラ・ブラウンに続き、スコットも欠くことになり、勝利して当然という期待に応えなければならない立場から一転、厳しい状況の中に立ち向かわなければならなくなりました」と説明。「窮地に立たされているキングスへの温かい応援をお願いします」とコメントした。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス