地域

豊見城市役所、新庁舎で全ての業務スタート

開庁式で市職員や市議会議員にあいさつする山川仁市長=4日、豊見城市宜保の市役所新庁舎イベント広場

 【豊見城】豊見城市役所新庁舎の開庁式が4日、豊見城市宜保の市役所新庁舎イベント広場で開かれた。職員や市議会議員らが出席し、晴れやかな表情で新庁舎での新年を迎えた。

 新庁舎は2014年度に基本計画が策定され、16年度から建設を開始。昨年12月に落成した。市翁長の旧庁舎からの移転作業が、年末年始の休み期間中に完了し、4日から新庁舎で全課の業務が始まった。

 山川仁市長は「防災拠点としての機能を備え、全ての市民が利用しやすい庁舎だ。この庁舎でさらなる市政発展に力を合わせていく」とあいさつ。職員に「市政の課題を積極的に議論する意識を持ち、のびのびとまちづくりに取り組んでほしい」と呼び掛けた。【琉球新報電子版】