くらし

インフルエンザ、沖縄・那覇市が注意報

 沖縄県の那覇市保健所は、2018年12月24日~30日の市内のインフルエンザ患者数が1定点あたり15・58人となり、注意報発令基準値の10人を超えたとして、7日にインフルエンザ流行注意報を発令した。

 市保健所によると、A型が177人、B型が1人。昨年9月以降のインフルエンザ患者の年齢別では5~14歳が30%を占めた。市保健所は、手洗いやうがいなどを呼び掛けている。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス