政治

宜野湾市長、県民投票不参加を改めて表明 県の勧告拒む

県民投票は実施しないと改めて表明する松川宜野湾市長=10日午後、宜野湾市役所

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の埋め立て賛否を問う県民投票を巡り、投票事務を実施しない意向を示している宜野湾市の松川正則市長が10日午後、市役所で会見を開き、県民投票を実施するよう求めた県の勧告に対し、改めて事務を実施しない意向を表明した。

 判断理由については、再議も含め市議会で関連予算が否決されたことなどを挙げ「市議会の意思は極めて重いものと受け止め、その意に反して投票事務をすることは致しかねる」と述べた。【琉球新報電子版】