政治

うるま市長、投票期日変更など要望へ 選択肢も4択求める 「現状では事務執行できない」

県民投票が全県で実施できるよう県に対応を求めるとした島袋俊夫うるま市長=14日、うるま市役所

 【うるま】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の埋め立ての賛否を問う県民投票を巡り、投票可否の判断を保留していたうるま市の島袋俊夫市長は14日午前、うるま市役所で会見を開き、県に対して現状2択の選択肢を4択にすること、投票期日の変更を求める要請書を15日にも提出すると発表した。

 島袋市長は「二択では市民の多様な意見が反映されない。現段階では事務執行ができる状態でない」と語り、県に対して条例の再検討を求めた。【琉球新報電子版】