スポーツ
釣りへ行こう

本部沖でディープエギング

1月12日、本部沖で1キロ弱から1.5キロのアオリイカを釣った宮城調秀さん、桜川稔章さん、杉原正浩さん(キヤプテンズ)

 12日、ユニチカの杉原正浩さんは仲間4人と初釣りでディープエギングに出かけた。午前8時、浜崎漁港を出船、本部沖の水深50~60メートルのポイントを攻めた。

 1キロクラスがコンスタントに、時々3キロ前後も釣れているという情報だったが、この日は10~12メートルの風が吹いたためか、アオリイカの活性は低かった。10時20分に杉原さんが1キロ前後のアオリイカを、桜川稔章さんが800グラム前後を釣り上げた。その後、クブシミやタコは釣れるが、本命がないまま夕方を迎えた。

 午後4時10分、納竿(のうかん)前に杉原さんにヒット。次に宮城調秀さん、桜川さんに連続ヒット。杉原さん、宮城さんは1キロ弱だったが、桜川さんに掛かったのは時々ドラグを出す強い引きを見せた。2キロオーバーかと期待したが、水面に浮いたのは1・5キロと1キロのアオリイカがダブルだった。

 これから春先に向けてディープエギングは最盛期を迎える。キャプテンズ(電話)090(9073)6405(仲村船長)。

 12、13日、178人が参加してM―1カップチヌ沖縄大会が開催された。30センチ以上の5匹までの総重量を競った。

▽1位 大城良 5・39キロ 5匹
▽2位 加福大地 4・02キロ 5匹
▽3位 島袋航 0・34キロ 4匹
▽4位 上原竜男 0・23キロ 5匹
▽5位 新垣薫 0・24キロ 3匹
▽大物賞 安仁屋浩貴 1・83キロ 46・7センチ

 (おきなわ釣王国社・仲栄真修)


1月13日、M―1カップチヌ沖縄大会で上位入賞した左から新垣薫さん、加福大地さん、大城良さん、島袋航さん、上原竜男さん


1月13日、名護漁港で46.7センチ・1.83キロのチヌを釣った安仁屋浩貴さん

1月10日、西崎海岸で1.34キロのアオリイカを釣った仲村安史さん

12月31日、浦添海岸で39.8センチ・1.32キロのカーエーを釣った阿部友哉さん


1月14日、本部漁港で30.7センチ・0.54キロのカーエーと29.5センチ・0.32キロのエーグワァーを釣った嘉陽涼太さん

12月30日、石垣一文字で44センチ・1.54キロのガラサーミーバイを釣った新慎太郎さん(フィードマン)


1月5日、泡瀬海岸で61センチ・4.78キロのマクブを釣ったDixon Antiwanさん

1月14日、残波海岸で54センチ・2.34キロのゲンナーイラブチャー他を釣った松田麻央さん


12月30日、西崎海岸で61.3センチ・3.25キロと51.5センチ・1.83キロのタマンを釣った宮城光太郎さん

1月3日、津堅島沖でウムナガーやガーラ、タマン等を釣ったオーパFCの前田いんめいさん(左)と大城健さん(若潮丸)


釣りへ行こう