社会

引き続き議論継続へ 名護市辺野古の新基地建設に関する国地方係争処理委員会 委員長「終盤に近づいている」

県からの申し出案件について議論する国地方係争処理委員会の委員=21日、東京都の総務省

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設計画を巡り、総務省の第三者機関「国地方係争処理委員会」(委員長・富越和厚公害等調整委員会顧問)の3回目の会合が21日午後、総務省で行われた。

委員会終了後、会見した富越委員長は「審査申出書の通り順番に検討し、終盤に近づいている」と語り、引き続き議論する考えを示した。【琉球新報電子版】