くらし

コーヒー焙煎 仲村良行さんが世界2位 日本代表し快挙

「ワールド コーヒー ロースティング チャンピオンシップ」で世界2位に輝いた仲村良行さん(右)=23日、イタリア(本人提供)

 自家焙煎(ばいせん)のコーヒー専門店「豆ポレポレ」(沖縄市)を営む仲村良行さん(40)が23日、イタリアのリミニで開かれた焙煎技術を競う大会「ワールド コーヒー ロースティング チャンピオンシップ2018」(WCRC)で2位に輝いた。仲村さんは17年の日本大会で県出身者として初優勝し、今回日本代表として世界大会に出場した。初出場で2位入賞の快挙に「光栄です」と喜びを語った。

 20~23日の4日間で開かれたWCRC2018には、予選を勝ち抜いてきた23カ国の代表が出場した。各代表者は、指定された生豆の特徴を分析し、生豆に合った焙煎方法を事前に提出した上で競った。

 仲村さんは「急なルール変更や入場パスのトラブルなどドタバタで、競技期間中は周囲の状況に対応しながら体力、集中力を維持することが大変だった」と振り返った。

 2位という結果に「支えてくれた人たちに感謝したい。言葉の壁を超え、さらに世界に目を向けたい」と次なる目標を見据えた。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス