政治

照屋自民県連会長が辞任の意向 県民投票の造反者が出たことを受け 島袋幹事長は否定

照屋守之氏

 県民投票条例の改正を巡って自民会派から造反者が出たことを受け、自民党県連会長の照屋守之県議は会長を辞職する意向を明らかにした。幹事長の島袋大県議に辞表届を出したという。

 照屋氏は取材に「深く責任を感じている」と述べた。

 一方、本会議終了後に会見した島袋氏は「届け出の報告は受けていない。進退の話は全くない」と否定した。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス