社会

「埋め立てやめろ」海に響く声 辺野古、埋め立て作業続く カヌー6艇で抗議

カヌーで抗議活動をする市民ら=31日午前、名護市辺野古

 【辺野古問題取材】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古での新基地建設で、沖縄防衛局は31日、「埋め立て区域2―1」への土砂投入作業を続けた。抗議船1隻とカヌー6艇が海上に繰り出し、新基地建設に抗議した。

 キャンプ・シュワブゲート前では砕石や土砂を積んだ工事車両がゲート内に入り、座り込んで抗議した市民ら約50人が「基地はいらない」「埋め立てをやめろ」と声を上げた。【琉球新報電子版】









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス