政治

石垣市の陸自配備計画賛否問う住民投票条例案 可否同数、議長裁決で否決 

 【石垣】石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票について、市議会(平良秀之議長)は1日午後の臨時議会で、住民投票条例案について採決したが1人が退席し10人ずつの可否同数だった。そのため議長裁決となり否決された。【琉球新報電子版】