スポーツ
釣りへ行こう

糸満海岸でチヌ釣り

1月27日、糸満海岸で30~36センチのチヌを数釣りした比嘉宗信さん

 1月27日の早朝に、フカセ名人の比嘉宗信さんに最近のチヌ情報を聞いてみたら、糸満海岸でチヌの32センチ前後が確率良く釣れているとのこと。当日も昼過ぎからチヌ釣りの予定とのことで、同行させてもらった。

 通称「ホテル前ポイント」でチヌの群れに当たれば10匹以上連発も少なくないとのこと。正午に現場に着くと、1番のポイントには先客がいたので、その近くの2番目のポイントで開始。3投目で33センチのチヌが釣れ、1時間ほどで30~35センチのチヌ4匹が釣れた。

 入れ食いを期待したが、しばらくアタリが遠のいた。餌を食ってもじっとしている「居食い」と呼ばれる状態で、初心者にはアタリを見分けるのは難しい状況だった。

 カケアガリや根の周辺など、ポイントを丁寧に探るが、なかなかヒットしない。夕方の4時すぎにわずかなアタリを見逃さず、36センチのチヌを釣った。暗くなる前に釣果の写真を撮り、夜8時までに2匹を追加してこの日の釣りを終えた。

 1月27日、糸満一文字を会場にリガーレカップ沖縄チヌ西崎一文字が開催された。競技時間中に釣れた23センチ以上のチヌ3匹までの総重量を競う。主な結果は次の通り。

▽1位 濱川翔伍 2匹 1・235キロ
▽2位 具志堅章 3匹 1・2キロ
▽3位 金城太志 1匹 0・885キロ

 (おきなわ釣王国社・仲栄真修)


1月27日、リガーレカップ沖縄チヌ西崎一文字大会で2匹の総重量1.235キロを釣って優勝した濱川翔伍さん

1月22日、安謝海岸で2.5キロのアオリイカを釣った伊佐真弥さん


1月20日、大宜味海岸で41.2センチ・1.18キロと37センチ・0.92キロのカーエーを釣った玉城博和さん

1月20日、西原海岸で42.7センチ・1.27キロのチヌを釣った嶺井満さん


1月26日、北谷海岸で58センチ・2.64キロのタマンを釣った古謝順二さん

1月19日、糸満沖で68センチ・3.94キロと62センチ・2.68キロのアカジンを釣った山城さん、新垣さん、海老沢さん、猪口さん(セイブV)


1月25日、港川海岸で44.6センチ・1.49キロのチヌを釣った新里亮太さんと羽美ちゃん

1月28日、久米島で39.2センチ・1.04キロを筆頭に6匹のチヌを釣った湧川朝則さん


1月19日、本部沖で50センチのアカレーを釣った楽釣会の並里俊さん(北斗)

1月24日、宜野湾新漁港で1.89キロのアオリイカを釣った山田貴喜さん(チーム三平)


釣りへ行こう
関連するニュース