政治
ファクトチェック フェイク監視

そっくりアカウント なりすまし 混乱狙いか?

(左)そっくりなアカウント(右)新基地建設反対県民投票連絡会のアカウント(県民投票連絡会のツイート内から)

 辺野古新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票に向けて、「新基地建設反対県民投票連絡会」が開設したツイッター(短文投稿サイト)の情報発信アカウントに似せ、正反対の主張を発信するアカウントが作成されていた。同アカウントは1月31日午後には削除されたとみられる。同連絡会は「なりすましだ」としてツイッター社に削除を依頼していた。

 「沖縄の未来は私たちが決める!2・24辺野古県民投票」と書かれた丸形のプロフィル画像は全く同じデザイン。同連絡会の見出しの「2・24県民投票連絡会『反対に○』」に対し、「2・24県民投票連絡会議『賛成に○』」と表記し、呼び掛け文も「反対に○」が「賛成に○」に書き換えられているだけでほぼ同じ内容だった。

 プロフィル画像は31日午前には別の表示に変更され、午後にはアカウント自体がなくなっていた。

 同連絡会の担当者は「県民を混乱させようとしているのではないか。削除はツイッター社か本人か分からないが、早いうちに対処できて良かった」と話した。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス