社会

子望む人の選択支援 妊活・不妊サポート協発足

 不妊で悩む人たちの最適な選択を沖縄県内でサポートしようと、不妊ピアカウンセラーらによる「おきなわ妊活・不妊サポート協会」が2日、発足した。那覇市で開かれた設立総会で、協働代表の一人でピアの宮城由香利さん(44)は「会の活動に期待してくれる人が県内のどこかにいると思う。そういう人たちのためにも頑張っていけたら」と抱負を述べた。

 同会は不妊体験者を支援する東京都のNPO法人「Fine」の認定ピアカウンセラー3人が所属する。Fineによると、ピアによる協会は全国的にも珍しいという。ピアの中本みかさん(47)、不妊治療を経験したことがある宮城由美子さん(47)も協働代表に就任。中本さんは「みんなで協力しながらやっていきたい」と話した。

 会則では、「子どもを望む二人が妊活に向き合う上で最適な選択ができるよう、情報提供などのサポートを行う」などとし、不妊への理解促進を目指す。今後、会報誌の発行やフェイスブックで協会のページを作り、情報発信をしていく予定。

 同会は趣旨に賛同する賛助会員を募集している。連絡先はokinawa.ninnin@gmail.com



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス