地域

沖縄の海の恵み、収穫がピーク 北中城の養殖アーサ

アオサが張り付いた養殖網を機械で巻き取り収穫する人たち=9日午前、北中城村美崎沿岸(ジャン松元撮影)

 沖縄県北中城村美崎沿岸の養殖場では、特産品のアーサ(アオサ)が収穫のピークを迎えている。9日は生産者らが干潮に合わせて続々と磯に繰り出し、冷たい海水に腰まで漬かりながら、作業に精を出していた。

 遠浅の海辺には、生産者別に養殖網が張られている。漁場ごとに漂着する浮遊物や砂などの除去を丁寧に行い、1月下旬から年に1度の収穫期に入った。

 緑色の海の幸は、網を巻き取る専用の機械や手作業で摘み取られる。

 養殖歴10年の名幸義美さん(69)=同村=は「アオサは、みそ汁はもちろん卵焼きや天ぷら、新鮮な刺し身も意外とおいしい」と日焼けした顔をほころばせた。