経済

沖縄・豊崎の大型施設着手 大和ハウス工業来春オープン 170店舗出店予定

大和ハウス工業が本格着手を発表した「(仮称)沖縄豊崎タウンプロジェクト」のイメージ(大和ハウス工業提供)

 大和ハウス工業(大阪、芳井敬一社長)は13日、沖縄県豊見城市豊崎で水族館を併設した大型複合商業施設「沖縄豊崎タウンプロジェクト(仮称)」に本格着手したと発表した。6日に基礎工事を開始しており、2020年4月のオープンを予定している。

 同施設は地上4階建てで敷地面積は7万1499平方メートル、建築面積3万5809平方メートル、駐車場を含めた総延べ床面積は13万5千平方メートル。大型のスーパーマーケットや大型家電量販店など約170店舗が出店を予定している。県内で初のショッピングセンター併設水族館「DMMかりゆし水族館」や、屋上にバーベキューができる場所を設ける。21年度にはミニチュアテーマパークも完成する計画という。

 大和ハウス工業は「沖縄アウトレットモールあしびなー」や分譲マンションなど、豊崎地区の開発を進めてきた。大型複合商業施設は同社が事業主体となり、運営はグループ会社の大和情報サービスが担う。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス