政治
2.24辺野古県民投票

岩屋防衛相「一つの民意だが辺野古進める」 埋め立て「反対」7割 県民投票

県民投票の結果に関して記者団の質問に答える岩屋毅防衛相=25日午前

 【東京】岩屋毅防衛相は25日、米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の埋め立て賛否を問う県民投票で「反対」が7割を超えた結果を受けて「一つの沖縄の民意だと思うが、普天間基地を返還してもらいたいということも沖縄の皆さんの強い民意だと思うので、その気持ちにはぜひご対応したい」と語り、辺野古移設を進める考えを示した。

 岩屋氏は結果に関して「真摯に受け止めたい。最終的にその気持ちに沿うことができるよう、沖縄の負担軽減、普天間の全面返還に向かって一歩ずつ進めせていただきたい」と語った。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス