芸能・文化

封じ手は6五桂、王将戦2日目開始

第68期王将戦七番勝負第4局で対局再開のため、1日目の棋譜を再現する久保利明王将(左)と渡辺明棋王=25日午前9時頃、那覇市泉崎の琉球新報社

 久保利明王将に渡辺明棋王が挑む将棋の第68期王将戦七番勝負第4局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社、日本将棋連盟主催、琉球新報社共催)は2日目の25日、琉球新報本社で午前9時から対局を再開した。後手渡辺棋王の封じ手は6五桂だった。

午後2時からは琉球新報ホールで大盤解説会がある。【琉球新報電子版】