政治

防衛相、県の計画変更不承認の方針に「残念」

 【東京】名護市辺野古の新基地建設を巡り、岩屋毅防衛相は26日午前の会見で、埋め立て海域の軟弱地盤の改良のため設計計画変更を沖縄県が承認しない構えを見せていることについて「ちょっと残念に思う」と述べた。
 軟弱地盤の改良工事を進めるためには、防衛省が今後、沖縄県に計画変更を申請し、承認を得る必要がある。25日の沖縄県議会一般質問で、県の池田竹州知事公室長は防衛省が計画変更を申請した場合の対応について「承認の取り消しの効力は生きていると理解している。設計変更は出せない立場だ」と答弁した。これに関し岩屋氏は26日の会見で「来る設計変更の中身も見ていただいて、是非をご判断をしていただき、ぜひ承認をしていただきたい」と語った。
 防衛省は軟弱地盤の改良など今後の新基地建設に要する工期や工費を明示していない。これについて岩屋氏は「概算としてどういう形の工事になるかは、しかるべき時にしっかりご説明させていただきたい」と話した。【琉球新報電子版】









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス