社会

カエンカズラ 鮮やかに 南城市大里

塀を覆い尽くすカエンカズラの花=26日、南城市大里

 南城市大里大城の会社役員、山内昌富さん(67)宅ではカエンカズラが見頃を迎えた。26日、久々に青空が広がる中、オレンジ色の花が生け垣を彩り、行き交う人の目を楽しませている。

 カエンカズラは二十数年前、ホームセンターで苗木2本を購入して植えた。丁寧な世話で長さ10メートル以上の壁一面に広がった。例年は1月下旬ごろから咲き始めるが、今年は開花が遅く、妻の弘子さん(68)は「2月に入ってから咲きだした」と言う。