経済

関空―宮古・下地島が片道385円! 3月13日午後3時から限定販売 ジェットスター7月就航

那覇空港のジェットスター機=2013年6月

 格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパン(千葉県、片岡優社長)は12日、沖縄県宮古島市の下地島空港と関西国際空港を結ぶ新たな路線を開設すると発表した。宮古地域と関空を結ぶ初のLCC直行便となる。7月3日から就航予定で、片道5990円から。就航記念で3月13日午後3時から24時間、250席限定で「みやこ」の語呂にちなんで片道385円で販売する。

 下地島に就航する定期便は、ジェットスターが成田便に続き2路線目、香港エクスプレス航空が7月19日から下地島―香港線を週3往復運航すると発表しており、3路線になる。

 下地島―関西は7月20日~8月31日の夏休み期間は毎日1往復運航し、それ以外の7月3日~10月26日は月、水、金、日の週4往復する。関西―下地島は午後3時50分発で同6時15分着、下地島―関西は午後6時55分発で同9時15分着。客席180席のエアバスA320型機を使用する。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス