社会

「土砂を止めよう」 名護市安和で市民らプラカード掲げ抗議

土砂を運び込むダンプにプラカードを掲げて講義する市民ら=13日午前、名護市安和の琉球セメント

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で、建設反対する市民ら約100人が13日、名護市安和の琉球セメントの前に集まり、新基地建設に用いる土砂などの搬出に抗議した。

 午前7時半ごろからダンプが同社の敷地内に土砂を運び入れた。市民らは入り口付近を行進し「土砂を止めよう」などと声を上げた。桟橋に接岸した運搬船に土砂を運び込むベルトコンベヤーが一時止まったが、午前10時ごろには運転を再開した。

 入り口前でマイクを握った沖縄平和運動センターの山城博治議長は、信号を右折して同社敷地に入るトラックの運転手に「よんなーよんなー(ゆっくりゆっくり)で行きましょう」などと呼び掛けた。【琉球新報電子版】