社会

「海を殺すな」「県民の声を無視」 辺野古の浜の集会、政府に怒りの拳

新基地建設現場に「土砂投入反対」とシュプレヒコールをあげる集会参加者=25日午後、名護市辺野古の沿岸部

 名護市辺野古の基地建設を巡り、新たな区域の埋め立てに反対の意思を示すため、土砂投入許さない海上大行動浜集会(ヘリ基地反対協議会主催)が25日午後、同市辺野古の海岸で開かれた。

 辺野古の基地建設に反対する県内外の人たちが参加し、工事を強硬に推進する政府に怒りの声を上げた。

 ヘリ基地反対協議会共同代表の安次富浩氏は「政府は県民投票で示された沖縄県民の声を無視している。絶対に許してはいけない」と強調した。

 参加者らは「土砂投入阻止」「海を殺すな」などと書かれたプラカードを掲げ、政府の姿勢を強く批判する登壇者のあいさつに「そうだ」と賛同の意思を示した。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス