政治

宮古島、陸自質問巡り議会流会 市長と与党、野党に反発

 【宮古島】宮古島市議会(佐久本洋介議長)3月定例会は27日午後、宮古島市への陸上自衛隊配備に抗議する活動について野党の上里樹氏=共産=が質問した内容を巡り紛糾し、与党議員らが出席を拒否したため流会した。議会は最終本会議が開かれる28日に上里氏の一般質問から再開する予定。

 上里氏は27日午前の一般質問で、今月4日に市内の平良港で行われた自衛隊配備に対する抗議活動について「抗議する市民に対し、なぜ市役所は話し合いも説明もせず、罪人扱いして警察に排除させたのか」などと質問した。これに対し下地敏彦市長は、市港湾課職員が港湾区域内の秩序維持のために説明を繰り返したことや市民らを罪人扱いはしていないことを説明し「事実誤認がある」と指摘し上里氏に発言の撤回と謝罪を求めた。

 上里氏が市側の求めに「応じない」としたため、議会は紛糾。下地市長が上里氏の質問を残して議場から退出しようとしたため休憩となった。その後、与党議員からも上里氏の発言に疑義が上がり、再開されない状況になった。午後4時前の招集で、与党議員らが出席を拒否し、開会に必要な定数に達しなかったため、この日の議会は流会となった。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス