スポーツ

新城、一般制す 全琉アマゴルフ

第57回全琉アマチュアゴルフ選手権大会で優勝した(左から)シニアの部・桃原正一、一般の部・新城ディラン唯人、女子Aの部・玉城愛華、女子Bの部・比嘉ゆかり、ミッドシニアの部・下門武男=28日、今帰仁村のオリオン嵐山ゴルフ倶楽部

 第57回全琉アマチュアゴルフ選手権大会(主催・県ゴルフ協会、琉球新報社)は28日、今帰仁村のオリオン嵐山GCで各部の決勝ラウンドを行い、一般の部(6814ヤード、パー72)は新城ディラン唯人(美らオーチャード、宜野座高1年)が予選から首位を維持し、決勝は78で通算9オーバーで栄冠を手にした。女子Aの部(22歳以下、5893ヤード、パー72)は、予選で73と好調だった玉城愛華(嵐山、宜野座高3年)が決勝は苦しんだものの79でまとめ、通算8オーバーで初優勝した。

 シニア(50歳以上、6342ヤード、パー72)は予選でトップだった桃原正一(PGM)が粘りのゴルフで初優勝。ミッドシニア(60歳以上、同)は下門武男(PGM)が決勝で逆転して初の頂点に立った。

 女子Bの部(同)は比嘉ゆかり(嵐山)が優勝した。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス