スポーツ
釣りへ行こう

3度目の挑戦も不発

3月23日、金武湾で1.3~2キロのヨナバルマジク3匹ほかコガネシマアジやナンバーなどを数釣りした高里李紀さん(12歳)と大久保幸三さん

 年間釣行回数300日を超え、日本のみならず海外の怪魚・ビッグフィッシュを釣り歩く大久保幸三さん。沖縄へはGT(ロウニンアジ)やタマンをルアーで釣るために何度も訪れている。そんな彼がヨナバルマジクの美しい魚体に魅せられて、これまで2回餌釣りで挑戦したが、その姿を見ることができなかった。

 23日は餌釣りの師匠の高里さんとその娘の李紀さん(12歳)の3人で3度目の挑戦。浜田漁港をこなみ丸で出船、30分ほどでポイントに到着して釣り開始。

 芝エビを付け餌に天秤(てんびん)仕掛けで狙うと、早速2キロ近いコガネシマアジがヒット。幸先の良いスタートを切ったが後が続かず、午後になってポイント移動。しばらくしたら高里李紀さんの竿(さお)にコンコンとアタリがあり、軟調子の竿が大きく曲がった。リールを巻くとグングンと竿が大きく曲がり、1・3キロと1・6キロのヨナバルマジクがダブルで釣れた。この日はラッキーガールの李紀さん、しばらくして2キロも釣り上げ、大久保さんも脱帽。帰港しながら0・8~1・5キロのナンバーを数釣って、この日の釣りを終えた。

 大久保さんは、結果はなかったが新たな出会いがあり、ヨナバルマジクに一歩近づくこともできたことに感謝。来年の再挑戦を誓って沖縄を後にした。

 こなみ丸(電話)090(8838)5612(宮城船長)。

 (おきなわ釣王国社・仲栄真修)


3月21日、第4回ダイワ銀狼カップ2019沖縄大会2回戦で5匹2.03キロを釣って優勝した比嘉宗信さん

3月20日、古宇利島で1.75キロのアオリイカを釣った崎山善友さん


3月17日、都屋で43センチ・1.23キロのアーガイを釣った島袋隆太さん

3月24日、西表島大富漁港で37センチ・1.1キロのチヌを釣った高橋虹乃花さん(10歳)


3月17日、慶良間沖のジギングで103センチ・17キロのロウニンアジを釣った赤嶺健治さん

3月22日、北谷海岸で1.83キロのアオリイカを釣った武安俊幸さん


3月25日、羽地内海で43.4センチ・1.26キロのチヌを釣った大久保駿矢さん

3月24日、西崎一文字で41センチ・1.4キロのカーエーを釣った高野豪光さん


3月24日、荒崎海岸で42センチのサンノジを釣った城間歓大さん(12歳)

3月21日、浦添海岸2.94キロのアオリイカを釣った銘苅ケンさん


釣りへ行こう

15キロキハダでマグロ祭り

2019年7月19日 16:53

西表で71キロタマカイ

2019年7月12日 14:00

GFG釣りに55人、盛況

2019年6月14日 18:13

小浜島で県記録タマカイ

2019年6月7日 17:51