政治

「世論工作 油断ならぬ」 元防衛相の森本氏、玉城知事のメディア発信を警戒

森本敏元防衛相

 【東京】「今回の知事の対応、特に世論工作は油断ならないものだ。何を計画しているのか分からないが、あまり油断しない方がいい」。2日に自民党本部で開かれた党国防部会で、出席した森本敏元防衛相が玉城デニー知事について言及する一幕があった。メディアでの露出などを通じて基地問題を発信する玉城氏の戦略を警戒した発言とみられる。

 森本氏は民主党政権時代に初の民間出身者として防衛相を務め、米軍普天間飛行場へのオスプレイ配備や、辺野古移設問題などに関わった。自民党の政権奪還後も防衛大臣政策参与を務めた。

 2日の国防部会は辺野古移設などを議題に開かれ、防衛省の担当者が現状などを説明した。出席者によると、終盤にあいさつした森本氏は、故大田昌秀氏ら歴代知事と玉城氏を比較して「これまでにちょっとなかった感じだ」と分析。「世論工作はあまり油断ならない」などと警戒感を示した。

 その上で、出席議員に対し駐留米軍の再編や基地問題を行政任せにするのではなく「党がイニシアチブをとってご検討いただく必要がある」と強調した。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス