社会

辺野古崎先端部の護岸造成工事進む

造成工事が進められる辺野古崎先端部付近のK8護岸=4日午前、名護市辺野古

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄防衛局は辺野古崎先端部付近のK8護岸を沖合に伸ばすための造成工事を引き続き進めた。

 大浦湾側のK9護岸では、台船から重機に土砂を積み換え、辺野古崎南西側のK4護岸では消波ブロックの設置作業を進めた。市民らは抗議船2隻とカヌー8艇で、海上から抗議した。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス