芸能・文化

「999」が首里城上空を駆ける 漫画家の松本零士さんの作品展始まる 沖縄・那覇のデパートリウボウ

松本零士さんの水彩画「我がこころの故郷 沖縄」を観賞する来場者=10日、那覇市のデパートリウボウ

 SF大作「銀河鉄道999」の作者として知られる漫画家の松本零士さんの作品展示会「銀河の世界展」が10日、沖縄県那覇市のデパートリウボウ6階催事場で始まった。16日まで。展示会のため描き下ろされた水彩画「我がこころの故郷 沖縄」も展示されている。

 水彩画「―沖縄」には首里城上空を飛ぶ「999号」や本作ヒロインの「メーテル」が描かれている。そのほか原画や版画、セル画などファン垂ぜんの約90点が並んでいる。

 仕事の合間に立ち寄ったという上里直也さん(46)は「子どもの頃、松本さんの『宇宙戦艦ヤマト』が好きだった。作品を間近で見ることができてうれしい。子どもを連れてまた来たい」と笑顔を見せた。

 期間中の13、14日は松本さんが来場し、リウボウ友の会限定のトークショーや、作品購入者を対象にしたサイン会が予定されている。展示は午前10時~午後8時半、最終日は午後4時まで行われる。入場無料。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス