地域

友利新さん、故郷・宮古島大使に 島の魅力を全国に発信

下地敏彦市長(左)から任命状を受け取る友利新さん=3日、宮古島市役所平良庁舎

 【宮古島】テレビなどで活躍する宮古島市出身の医師友利新さんが3日、宮古島大使に任命された。同日、任命式が市役所平良庁舎で開かれ、下地敏彦市長が友利さんに任命状を手渡した。友利さんは「出身の話をする時には、沖縄だけでなく、宮古島と言ってきた。宮古島の魅力を、微力ながらこれからも発信していきたい」と抱負を述べた。

 友利さんは「家族で里帰りするには、宮古は最高の島」と語った。現在第3子を妊娠中ということにも触れ、「今後は子どもたちを連れて年に2、3回は戻ってきたい」と笑顔で話した。

 宮古島大使にはこれまで、お笑い芸人の千原ジュニアさんや、ソチ五輪スキージャンプ銀メダリストの葛西紀明さんらが任命されている。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内