経済

星野リゾート最上級ブランド「星のや沖縄」 2020年春、読谷村に開業 沖縄本島に進出

「星のや沖縄」の概要を発表する、星野リゾートの星野佳路代表=16日午前、東京国際フォーラム

 【東京】国内を中心に高級温泉旅館やリゾートホテルの運営を手掛ける星野リゾート(長野県、星野佳路代表)は16日午前、東京国際フォーラムで会見し、読谷村儀間で建設を進めているホテルの名前を、同社の最上級ブランドを冠した「星のや沖縄」に決定したと発表した。

 同ブランドでは8軒目で、県内では「星のや竹富島」に続いて2軒目となる。2019年10月に予約を開始し、20年春の開業を予定する。

「星のや」ブランドの沖縄本島初進出となる。沖縄の史跡「グスク」からインスピレーションを得た塀に囲まれ、沖縄らしい建物と滞在を演出する。同社は「沖縄随一のラグジュアリーリゾートを目指す」と強調した。

 客室数は100室で、宿泊料金は1泊1室8万円~30万円を予定する。【琉球新報電子版】